外反母趾

外反母趾はハイヒールなどの靴が原因で起こる」とよく言われますが、実際には子供や男性にも発症します。
多くは足の横アーチを形成している中足関節の靭帯が緩んで「開張足」になることから外反母趾を誘発することが原因です。
従って、まずは「開張足」を整復するため、シューインソールに横アーチパッドを備え付けることが効果的です。
横アーチパッドは、メタタルザルバー、ペロッテなどの呼び方もあります。
 

変形性膝関節症(O脚)

両膝がOの字のように外側に湾曲するとO脚です。生まれたときは誰でもO脚ですが、成長するとともにほとんどの人が改善されます。
しかし、成長してもO脚の状態であったり、膝を傷めやすい生活習慣を行っていると、高齢になってから「変形膝関節症」となってしまいます。こうした場合、シューインソールの踵の外側を高くすることで、膝を内側に入れるようにして矯正する外側ウエッジを備え付ける方法があります。
外側ウエッジは、外側ヒールウエッジ、ラレテラルウエッジなどの呼び方もあります。